バイク・パーツ塗装



バイクのサイドカバーです。鋳物ですね。重厚感があってしびれる程、良くできています。

赤に塗装して下さいとの依頼です。うむ。統一感をだしたいのですね。黒いシートの下に真紅の重厚感のあるサイドカバーがズドーン!ですね。素晴らしい。

ちょっと白くなっていますね。足付け処理(下地処理)の作業後です。上から吹きかける材料や色がボディに食いつくように、何事も土台が大切だと思います。

サフェーサーという溶剤で再度ボディを構築します。鋳物特有のボコボコやブツブツも緩和されます。

また、白くなりましたね。サフェーサーを研いだ後です。細かい所まで研ぐので時間がかかります。しっかり色がボディに食いつくように、ガッチリ、ツル~ンという仕上がりのために必要な作業です。

修理屋さんが、「下地処理しますよ~」という内容の1つがこれです。

塗装後です。凸凹のフォルムの凸の部分を研ぎます。しっかり足付け作業をして色を食いつかせているので色が剥がれにくいという事ですね。

クリアー塗装後です。クリアーとは、塗装を透明な樹脂でコーティングして守り、ツヤをだす材料をクリアーといいます。車もバイクのボディも基本、色の上にクリアーが、かかっているのでボディが守られて、キラ~ン✨としているのですね。乾かして、磨いて完成です。

これで、ガラスのショーケースとかに入って店頭にあったら、FOURのオナー様は、皆さん欲しがるのでは?と思いました。

お客様も喜んでくれたので良かったです。

バイク マフラー修理塗装



お客様、持ち込みのマフラー修理塗装依頼です。

ちょっと凹んでいるのも板金修理します。

 

 

サビと劣化ですね。このまま色を塗るとバサバサの仕上がりになってしまいます。お客様は、大切にしているバイクの部品なんです!とのお言葉。下地から、ちゃんと直したいと思います。

 

 

サビと劣化している塗装を全部、研ぎ落します。

半日作業の手が真っ黒になります。

 

車のパネルもそうですが、塗装がブクブクこんもり盛り上がっているのは、塗装の下の鉄板が錆びてしまっている事が多くの原因です。改善するためには、研ぎ落して新しく塗装しなければなりません。

 

 

その後、サフェーサーという溶剤でボディを再構築してあげます。

写真では、わかりずらいと思いますがモコモコしているので、また、研ぎます。

 

そして、塗装です。密閉された空間での塗装作業になります。外で塗装をすると空気中のゴミやホコリがついてしまうのでブースという密閉された空間で色を塗ります。作業中は塗装担当者以外、誰も中に入れません。

 

完成です。

お客様の喜ぶ顔が楽しみです。

 

 

バイク カウル修理塗装作業



CIMG4851

バイクのカウル修理塗装です。

 

赤マルの部分が削れてしまっています。バイクも車と同様、カラー番号がありますので、修理依頼の際にカラー番号を教えて下さい。

 

CIMG4877

 

黄色いのがパテです。左側と同じようにボディを作ってあげます。

 

CIMG4884

 

サフェサーで覆います。人間でいえば、パテが肉でサフェーサーが皮膚です。

 

CIMG4951

 

塗装後です。作業の工程は、塗装→ステッカー貼り→クリアー塗装です。

細かく言いいますと、塗装→乾かす→ステッカー貼り→クリアー塗装→乾かすとなります。乾かす時間があったり、最後に磨いたりするから、時間がかかるのです。

 

CIMG4996

完成です。

 

鈑金担当、塗装担当、受付担当、ステッカーとカラー番号を用意していただいたお客様の4人で仕上げたカウルですね。

 

 

バイク ホンダ CBR(RR954) フレーム 修理 塗装 作業



DSCF7443

インターネットを見て、お問い合わせいただきましたお客様です。

フレームのキズ修理のご依頼です。

 

DSCF7447キズが深いのでパテ整形しました。DSCF7491サフェーサーを塗装して、マスキングです。DSCF7499

同色に調色し、同じ質感(フレームの肌具合)に仕上げました。

ベスパ 修理作業



P1250204

 

入庫写真です。ボディがプラスチックではなく鉄です。重量感があります。

 

P1250205

 

ステップの部分もゴリゴリですね。

 

P1250207

 

反対側も鈑金修理します。

 

P1250225

 

鈑金修理が終わったと思ったら、同じ様な損傷のベスパが、新たに入庫です。

 

P1250321

P1250325

 

完成です。喜んでいただけました!

良かったです。