アクア・リアゲート鈑金塗装


 

入庫写真です。腰ぐらいの高さのポールって見えませんよね。すごくわかります。

 

 

ガラスが割れてなくて良かったです。残念ながらリサイクルパーツがみつからなかったので、時間をかけて直したいと思います。

 

 

白い所が直した箇所です。鉄を叩いたり、引っ張ったりしてできる限り元の状態にもどす事を鈑金作業と言います。プレスラインや丸みをおびたフォルムを出すのが難しいのです。

 

 

リアバンパーは基本プラスチック製なので熱をあびせて直します。溶けたり、伸びてしまったりしてしまう所が難しいのです。

 

 

完成です。時間が、かかってしまいまいましたがお客様には、なんとか代車で凌いでもらい助かりました。その時の現場状況にも左右されますが、1週間~10日間ぐらいの作業期間になります。

 

年末、皆様おいそがしいと思いますが、どの修理屋さんも12月15日ぐらいから、年内修理依頼の受け入れが厳しくなると予想されます。

年内修理をお考えのお客様がいましたら、できる限り早くご近所の修理屋さんにご相談する事をオススメします。

 

チェロキー・ジープ 穴埋め作業


P1230645

 

入庫写真です。左下についているナンバーを真ん中につけて欲しいとのご相談です。

 

 

P1230665

 

この通り穴だらけなので埋めます。

 

P1230693

 

穴を埋めてサフェサーとゆう溶剤でボディを再構築してあげます。

 

P1230695

 

鮮やかな色ですね。

 

P1230717

 

完成です。これからも大切に乗ってあげて下さい。

 

日産 セレナ・後ろ周り修理作業


P1170022

入庫写真です。特に左側に強い衝撃を受けています。バンパーが下に大きく膨れあがってい

ます。今回は、できる限りの説明をします。

P1170041ぶつかった衝撃でバックパネルとフロアーパネルが潰れて、上下に膨れあがっています。

このままでは、ゲートもバンパーも内張りもつきませんし、ちゃんと直さないと中に水が入って

きたり、走ってるとガタガタ音がしたりと不具合が生じます。そんな事がないようにしっかり中か

ら直します。

P1170090

なんかゴチャゴチャしていますが、現場は戦場です。伝わりにくいかもしれませんが、

精密でパワーを必要とする作業です。潰れて下に膨れあがってたフロアーパネルも板金して

平らになりましたね。元についていたバックパネルはフロアーパネルを直すために

グチャグチャになってしまったので交換です。

P1170103

バックパネルを溶接して、リアゲートをつけて仮合わせです。

P1170148完成写真です。ナンバーやステッカーはついていませんが、組みあがりました。

お客様も大喜びでした。直ってあたり前の事ですが、やっぱりお客様の笑顔を

みると嬉しいです。

 

キューブ修理作業


P1160811

入庫写真です。ぶつかった衝撃でガラスが割れてます。リアゲートも開きません。

お客様の希望は、できる限りお金をかけずになおして欲しい、走れればいいとの事です。

リアバンパーもぶつかった衝撃で変形しています。バックパネルも中に入っているので

板金が必要になります。

P1160813

作業内容は、ガラス、リアゲート、リアバンパー交換。

バックパネル板金、リーホース修理。

使える物は使って、使えない物はリサイクルパーツを探して

手直しして組み上げる。お客様の笑顔のために

P1160889

完成写真です。

残念な事に同じ形のゲートがなく、スポイラーつきになってしまう事を

お客様に確認した所OKを頂けたので、なんとか仕上がりました。

お客様も大喜びで良かったです。