マセラティ スイッチ各部ベトベト除去作業


CIMG0506

何をしてもベトベトして手が黒くなります。よくあります。ベトベト除去します。

CIMG0508

やはり窓の開け閉めのボタンをよく使うのですね。ベースの白がわかります。

CIMG0525

外しました。ボタンの根本から除去してあげたいので、更に両方とも分解します。

CIMG0526

1つ1つボタンだけ取れるので、除去します。

CIMG0762

ベトベト除去しました。ベースにも字が刻印されていたので良かったです。

CIMG0777

これで心おきなくボタンを押せますね。

お客様も喜んでくれたので良かったです。

 

ベンツ E320 ピラー劣化 ラッピング作業


DSCF8991 DSCF8992

川崎からのお客様です。

ベンツE320 (W210)のカーボン調のピラー(窓枠)の劣化です。

年数による経年劣化なので、普通は交換か塗装し直す作業ですが、

「ラッピング」を施工します!

DSCF9164

DSCF9179

カーボン調のラッピングを施工しました。

これなら、交換や塗装より予算も抑えられ、カーボン調により

見た目も良くなります。

お客様にも喜んでいただけました。

アルファロメオ 修理作業


DSCF6391

入庫写真です。修理箇所は、フロントバンパー、右フロントフェンダー、ボンネットです。

DSCF6406

フロントバンパーを外しました。

こんな状態でもかっこいいですね。

DSCF6430

付属部品を全部外して、キズやヘコミを確認します。

損傷箇所以外にも傷があるので、一緒に直します。白くなっている所が直した場所です。

DSCF6512

ボンネットとフェンダーの塗装写真です。密閉されたブース内での塗装になります。

他の場所に、色がつかないようにビニールと紙でしきります。こういう材料も使うので塗装は、お金がかかります。

綺麗な赤ですね。

DSCF6582

完成です。街中で、女性が赤色のアルファを運転している姿を見ますが、

かっこいいなーと思います。

これからも、大切に乗って下さい。

 

 

ダッジ・ナイトロ 左フェンダ交換 作業


DSCF8136

ダッジ・ナイトロの入庫です。

珍しい車ですが、基本構造はクライスラージープ・チェロキーと同じです。

左側面修理ですが、フロントフェンダーがかなりの損傷で、

オーバーフェンダーは外れてます。

DSCF8156

フェンダーを外すと中の骨格も損傷してます。

DSCF8195新しいフェンダーですが、アメリカと日本の規格の違いで日本仕様にはウインカーがあるので

その穴を加工して開けます。

DSCF8338

フロントドア、リアドアも修理し、オーバーフェンダも交換し完成です。

フォード マスタング ミラーカバー フロントグリル オリジナル塗装


DSCF6398

入庫写真です。さすがアメ車!

重厚感ある車体ですね。

DSCF6400

左右のミラーカバーをお客様自身で塗装したのですが、思うようにいかなかったということで、きれいにして欲しいとのご要望です。

せっかくなのでオリジナルにしようとご相談のもと、色は黒→赤へ

DSCF6462

ミラーカバーです。ばらして塗ります。

DSCF6647

つづいて、グリルです。これもお客様自身で塗装したのですが、同じく再塗装を希望です。

DSCF6666

馬と馬の枠と本体とカバーで4分割(4パーツ)です。全部ばらして塗ります。

DSCF6698

これは艶消しのメッキ調に塗装します。

DSCF6504

ミラー組みあがりました。黒のボディに赤が映えますね。

DSCF6834

完成!

1つ1つのパーツを組み上げて、完成です。はっきりした顔立ちになりましたね。馬のエンブレムが今にも走り出しそうですね。