バイク カウル修理塗装作業


CIMG4851

バイクのカウル修理塗装です。

 

赤マルの部分が削れてしまっています。バイクも車と同様、カラー番号がありますので、修理依頼の際にカラー番号を教えて下さい。

 

CIMG4877

 

黄色いのがパテです。左側と同じようにボディを作ってあげます。

 

CIMG4884

 

サフェサーで覆います。人間でいえば、パテが肉でサフェーサーが皮膚です。

 

CIMG4951

 

塗装後です。作業の工程は、塗装→ステッカー貼り→クリアー塗装です。

細かく言いいますと、塗装→乾かす→ステッカー貼り→クリアー塗装→乾かすとなります。乾かす時間があったり、最後に磨いたりするから、時間がかかるのです。

 

CIMG4996

完成です。

 

鈑金担当、塗装担当、受付担当、ステッカーとカラー番号を用意していただいたお客様の4人で仕上げたカウルですね。

 

 

シビック・右側面修理作業


cimg2910

 

入庫写真です。ガムテープで補強してありますね。部品が取れかかってしまった場合、ガムテープで応急処置して。修理屋さんへ早めに相談しましょう。

 

cimg2913

 

サイドステップカバーを外した写真です。ボディパネル(鉄)をちゃんと直さないとステップカバー(プラスチック)がつかないので中からちゃんと直します。

 

cimg3041

 

完成です。

 

皆様、年末でお忙しと思いますが、年内中に修理をお考えの方がおられましたら、お早めにご近所の修理屋さんにご相談される事をオススメします。12月20日以降の修理は、どこの修理屋さんも厳しいと思います。

ワーゲン・ビートル 右側面鈑金修理作業


cimg3678

 

入庫写真です。車も家と同じで、人が関わらなくなるとダメになります。

 

cimg3673

 

後ろ姿も疲れてるというか、寂しい感がでるんですよね。

ガンガン叩いて鈑金して気合を入れてみます。

 

cimg3750

 

仕上がりました。何かやる気を感じませんか?

 

cimg3751

 

後ろ姿です。ナンバーわくのサビもあじに感じませんか?

新たなオーナーさんのもと、がんばって欲しいです。

トヨタ・イプサム モール塗装劣化修理作業


川崎市多摩区からのお客様。

トヨタ・イプサムです。10年くらい経過すると、モールやバンパーが黄ばんできます。

なぜなら、鉄のボディとプラスチック部品は塗装工程、塗料材料が違うので、経年変化でどうしてもクリヤーが黄ばんできます。

こうなると、交換⁉︎

いえいえ!

塗装することができるんです。
交換より予算も押さえられます。

完成!


これでボディとの色違いがなくなりました!


ワーゲン ゴルフ リアバンパー修理作業


CIMG2502

CIMG2509

 

入庫写真です。何かにひっかけてしまったそうです。

コインパーキングのロックバーがちゃんと下りてないのに前進してしまい、バキバキッ!とひっかけてしまった事例をよく聞きます。ロックバーがちゃんと下がってるのを確認してから、お車を前進させましょう。

CIMG2513

 

バンパーが引っ張られた事でバックカメラの配線が切れてました。配線が細いので直すの大変ですが直します。

 

CIMG2589

 

完成です。カメラがついたので良かったでした。あれ?おかしいぞと思ったら、車屋さんに相談しましょう。電気系統は、最悪ショートして壊れてしまうリスクがあるので、ご自身でいじくるのはやめましょう。

 

修理の際は、「できる限りの事をして下さい」と言うのもいいですね。交換内容の物も時間をかけて修理をしてくれるかもしれません。